• 2009.12.31 Thursday
  • category:- | author:スポンサードリンク | - -
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -| pookmark |
デスノートの壁紙には現在もかなり多くの根強いファンがついているようです。そもそもデスノートは、大場つぐみ・小畑健による「DEATH NOTE」の週刊少年ジャンプによる連載も終了しており、コミック化も全11巻をもってすでに完結しているものの、連載当初から異常に多くの話題を集め、公式HPはもちろんのこと、数々の掲示板やファンサイトも次々に誕生し、それと同時に、デスノート(DEATH NOTE)関連の様々な壁紙やスクリーンセーバー等のパソコンのデスクトップ素材にとどまらず、多種多様なデスノート PSP専用 壁紙、携帯用の待受画像等が配布され、ほとんどが無料でダウンロードされてきました。さらに劇場版(映画版)【デスノート】が、2006年6月に前編、2006年11月に後編である【デスノート the Last name】(ともに藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、鹿賀丈史、藤村俊二、中村獅童等)と次々と公開されるや、それに続くような形で発売されたDVD【DEATH NOTE デスノート complete set】も一時はオリコンDVDチャート数週間連続1位となるなど、その人気はうなぎのぼり。そしてそれに呼応するかのように、パソコン用のデスノート 壁紙やスクリーンセーバー、デスノート PSP用 壁紙、携帯用の待受画像等のダウンロードも高水準を維持して現在に至っているわけですが、アニメ版【デスノート】も放映を終了し、これでようやく落ち着くかと思われた2007年8月、金曜ロードショーで【DEATH NOTE ディレクターズカット完全決着版 リライト・幻視する神】が放映されました。TV放映された本編を死神リュークの視点で再構成した特別版で、新作カットやそれに伴う再アフレコなど、追加要素もたっぷりの3時間もの。早速その新作カット部分のデスノート 壁紙なども掲示板等で公開されているようです。しかもその放送の中でデスノート・シリーズ3作目の映画に当たる、【デスノート・スピンオフ「L」】の予告をかなりの時間を割いてしていたことから、このデスノート人気はまだまだ続く気配ですね。なお、【デスノート・スピンオフ「L」】とは、デスノートの作中人物であるL(エル)が主人公のスピンオフ映画で2008年2月に公開予定だそうです。
デスノートのキャラクター別 壁紙の特徴としては、まず映画版・アニメ(コミック)版ともに人気が高い点が挙げられます。このことは劇場版【デスノート】のキャスティングの成功を物語っていると言えますね。中でもとりわけ人気があるのは、松山ケンイチ演じる「L」(エル、竜崎)でしょう。アニメ版のL、劇場版の松山ケンイチともに人気があるデスノート 壁紙です。劇場版の3作目が「L」をスピンオフしていることからも、それは明らかだと言えます。逆に言えば、「L」と言う特殊なキャラクターを、松山ケンイチがいかに演じ切ることができたかを証明しているのではないでしょうか。後は原作時より大変人気が高かった戸田恵梨香演じる弥海砂(アマネ ミサ)の萌え系 壁紙、そして主役の対をなす藤原竜也演じる夜神月(夜神月、ライト・キラ)と言ったところですね。他にも原作をCG化して実写版に取り入れたと言う死に神のリュークとレムの画像やCGもデスノート 壁紙には無くてはならない存在ですし、アニメ版のみ登場したニアやメロの壁紙にも人気がるようです。さらにあのデスノートの独特の雰囲気を見事に表現しているデスノートのロゴや、劇中にも多用された「L」やキラのロゴの壁紙も注目を集めているようです。これらはパソコン用ばかりではなく、スクリーンセイバー等の様々なデスクトップアイテムや、携帯用の待受画像、さらにはPSP専用 壁紙も数多く提供されているようですので、デスノートの公式サイトはもとより、ファンサイトや掲示板のチェックは欠かせませんね。
- | -| pookmark |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
無料ブログ作成サービス JUGEM